マガジンのカバー画像

和風の煮物入門ドリル

6
このドリルは、和風の煮物のレパートリーを広げたい人のための入門向けドリルです。基本的な煮物の作り方と、アイデアの広げ方を学びます。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

#00 和風の煮物入門ドリルについて

このドリルは、和風の煮物のレパートリーを広げたい人のための入門向けドリルです。基本的な煮物の作り方と、アイデアの広げ方を学びます。 🎯 対象煮物が好き 煮物を自分でつくったことがないが、つくってみたい 自分でつくる煮物に飽きている 🚩 目標煮物の基本的なつくりかたがわかる レシピに捉われず、自由な発想で煮物をつくれるようになる 煮物をつくるのが楽しくなる 📋 学べる内容和風の煮物の基礎知識 和風の煮物に合う食材 和風の煮物の基本の味つけ だし汁について

#01 和風の煮物を知ろう

このチャプターでは、和風の煮物をつくるうえで知っておきたい基礎知識と、煮物のバリエーションを紹介します。 👨‍🍳 和風の煮物ってどんな料理?広義の煮物には、煮込み、煮魚、煮付け、煮浸しなど様々な種類がありますが、ここでは肉じゃがや筑前煮などに代表される、昆布やかつおなどの和風出汁をベースに食材を煮て、醤油、みりんなどで味つけをした料理を指します。 🗺 設計図まずは煮物の全体像を確認しましょう。白色の枠は最低限必要な要素、点線の枠は好みでアレンジできる要素です。 🥦 食材

#02 はじめての煮物にチャレンジ

はじめての煮物として、基本の煮物だしを使った肉じゃがにチャレンジしてみましょう。 🗺 設計図まずは肉じゃがの全体像を確認しましょう。白色の枠は最低限必要な要素、点線の枠は好みでアレンジできる要素です。 🥦 食材肉じゃがの肉は、牛肉や豚肉が定番ですが、鶏肉やひき肉でつくることもできます。牛肉や豚肉の部位は、こま切れ肉やロースなど色々な部位でつくってみましょう。 野菜類は、じゃがいも、玉ねぎを合わせるのが一般的です。にんじんやいんげんを加えると彩りが良くなります。また、しら

#03 おでん風の煮物をつくる

薄口しょうゆを使ったあっさりした煮物だしで、おでん風の煮物にチャレンジしてみましょう。 🗺 設計図まずはおでん風の煮物の全体像を確認しましょう。白色の枠は最低限必要な要素、点線の枠は好みでアレンジできる要素です。 🥦 食材大根やたまごなど、おでんに入っている定番の具材を煮てみましょう。 さつま揚げなどの練り物や、タコなどの魚介を入れるとだしに旨味が加わります。練り物やはんぺんはだしをよく吸うので、旨味をしっかり味わえます。 🧂 味付けだし汁、薄口しょうゆ、みりんを20

#04 魚介の煮物をつくる

肉や野菜だけでなく、魚介の出汁が効いた煮物も覚えておきたい1品です。いかやたこなどを使った魚介の煮物にチャレンジしてみましょう。 🗺 設計図まずは魚介の煮物の全体像を確認しましょう。白色の枠は最低限必要な要素、点線の枠は好みでアレンジできる要素です。 🥦 食材扱いやすい、いか・たこをメインに、組み合わせる食材を考えてみましょう。 いかと里芋は魚介の煮物の定番です。そのほか、いかじゃがやいか大根など、定番と呼べる組み合わせがいくつかあるので、試してみましょう。 🧂 味付

#05 そぼろあんの煮物をつくる

ひき肉でそぼろあんをつくり、野菜の煮物にかけて食べる、そぼろあんかけにチャレンジしてみましょう。 🗺 設計図まずはそぼろあんかけの全体像を確認しましょう。白色の枠は最低限必要な要素、点線の枠は好みでアレンジできる要素です。 🥦 食材ひき肉を使ってそぼろあんをつくります。あっさりした味の鶏ひき肉が扱いやすいですが、豚ひき肉や牛ひき肉でつくることもできます。 そぼろあんをかける野菜は、大根やかぼちゃが定番です。里芋やさつまいもなどの芋類も相性が良いでしょう。 🧂 味付けそ