たべドリが目指す料理上達のゴール像について
見出し画像

たべドリが目指す料理上達のゴール像について

たべドリ 料理のトレーニングドリル by cookpad

こんにちは、たべドリのすどうです。

料理の上達と言っても、人によっていろいろなゴール像があると思います。そして、ゴール像が違えば、当然手にする教材や学び方も異なります。

このnoteでは、料理のトレーニング教材としてのたべドリが、それを必要とする人の手に正しく届くように(言い換えると、ミスマッチを防ぐために)、たべドリが目指す料理上達のゴール像について書きます。

たべドリの目指すゴール像は、

  • 季節の食材を使った

  • 簡単で美味しくて

  • そこそこ栄養もありそうな料理で

  • 1ヶ月くらいは、飽きずに食卓を回せる

これらを満たすスキルを身につけることです。

季節ごとに出回る旬の食材は、どこのスーパーでも手に入り、安く買うことができて経済的です。使える食材の数が増えれば、栄養バランスの心配も減りますし、つくる方も食べる方も飽きずに楽しめますよね。

あまり料理が上手ではないけれど、美味しいものを手作りしたいと思ったら、丁寧なレシピを参考に、忠実につくるのが最良の方法なのは言うまでもありません。

ただ、忙しい現代の生活において、

  • 毎日食べたいものを決め、

  • 自分に合ったレシピを探し、

  • 必要な材料を買い集め、

  • 慣れない調理をする

これらはとても難しいことです。

むしろ、クオリティーはそれなりでも良いので、冷蔵庫にあるものを使ってパパっと料理ができる

このスキルが強く求められていると感じます。

しかしながら、レシピを見て再現できる能力と、手にした食材から簡単な料理をイメージし、それを形にできる能力は全くの別物です。レシピがなくても自分の力で料理ができるようになるには、楽器演奏や英会話やスポーツと同じように、そのためのトレーニングが必要なのです。

なんでもない日のふつうのごはんを、手軽にストレスなく安定してつくることができる

これは、ひとり暮らしをはじめた大学生であっても、共働きのふたり暮らしであっても、毎日の家族のごはん担当している人であっても、共通する理想像ではないでしょうか。

もし、あなたの理想像とたべドリのゴール像がぴったり一致したなら、たべドリを使って料理を学んでみる価値があります。自分の理想はちょっと違うと思ったら、別の教材を手に取る方が良いと思います。

このnoteを読んで、たべドリを使って料理のトレーニングをはじめてみたいと思ったら、ぜひ次のnoteもあわせて読んでみてください。

たべドリを使って効率よく上達するために、最初に知っておきたい料理の考え方を書いています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
みそ炒めをつくるときは、みそを酒で溶いてタレをつくるドリよ!
たべドリ 料理のトレーニングドリル by cookpad
たべドリは、クックパッド株式会社が提供する料理のトレーニングドリルです。レシピには載っていない料理の発想法やテクニックを学べるスキルアップドリルを多数公開しています。